FX(外国為替証拠金取引)における自分に合うサービス

自宅でパソコンがあれば手軽に始められる内職としてFX(外国為替証拠金取引)を検討している方も多いでしょう。
最近はパソコンだけでなくモバイルにも対応し始めているのでさらに気軽にできるようになりました。
FX(外国為替証拠金取引)とは簡単に言えば外国の通貨を売買することで生じる為替差益で利益を得ようとする取引のことです。
たとえば1ドル80円の時に円でドルを買い90円の時に売ることができれば、その差額である10円分を利益として得ることができるのです。
これにレバレッジをかけることで売買する金額を大きくすることが可能なのです。
ですから上手く波に乗って取引を行うことができれば短期間でかなり利益を得ることができます。
各社様々なキャンペーンを展開しているために最初にいくらかの取引をするだけでもキャッシュバックやプレゼントをもらえたりします。
それならば少しだけやってみようと考える方も多いでしょう。
私もそのひとりでした。
このキャンペーンを利用して様々な会社のサービスを利用したことで現在は主に2社に絞り取引を行っています。
私は最初はどこのサービスも似たようなものであるならばスプレッドができるだけ安いサービスが有利に決まっていると考えていました。
スプレッドとは手数料のようなものでこの数字が小さいほど一回の取引にかかる料金は小さく済むことができます。
各社顧客獲得のためにスプレッドの低さをアピールする競争もあるのです。
もちろんこの考えは間違いではありません。
しかし後々利用することでその人の状況によってどのサービスが良いかは結構違うのだということが分かるのです。
ではスプレッドの違い以外に各社のサービスはどのような違いがあるのでしょうか。
私が重要視しているのはスピードです。
FX(外国為替証拠金取引)のやり方は人それぞれです。
何週間、何か月もかけて取引を行う方もいれば、一回の取引を何秒かで終える方もいます。
私の場合はどちらかといえば後者に近くできるならば短い時間での取引を好みます。
その際に重要になるのはしっかりと素早くエントリーでき、また決済できることだと学びました。
何社かサービスを経験すると理解できるのですがその際のスピードは各社結構違いがあるのです。
ですからいくらかのスプレッドの差以上にこの約定のスピードの違いは重要なのです。
これは何社かのサービスを経験してみないと分からない要素です。
この約定スピード以外にも各社様々なサービスの違いがあります。
初心者の方でしたら通貨の数量もあるでしょう。
FX(外国為替証拠金取引)は儲かることばかりでなく当然その逆に作用することもあります。
初心者でしたら少し経験を積むまではなるべくリスクを減らしたいと考えることもあるでしょう。
また相場が何かしらの要因で不安定になり激しく上下に運動することもあります。
そのようなリスクを少し抑えたいという時に利用したいのサービスもあります。
だいたい各社とも一万通貨からの取引というケースが多いのですが最近は千通貨でも可能というサービスも増えています。
このようなサービスで経験を積んだり、l子を見ながらリスクを増やしていくこともよいでしょう。
一気に稼ぐのではなく少しづつ積み上げていくという考え方です。

Copyright 2010 こずかい.com All Rights Reserved.