FX(外国為替証拠金取引)を始めたばかりの頃に思っていた不思議

FX(外国為替証拠金取引)を初めて間もなくの頃、発注した時点から、なぜかよくマイナスの方に値が変化してしまうように思っていました。
インターネットで検索してみると、同じことを思っている人は結構いるようでした。
たとえば、値が上がると思って買うと直後に値が下がり、下がると思って買うと上がるのです。
なぜなのか考えてみると、こうした結論に達しました。
まず、FX(外国為替証拠金取引)では、どの業者もスプレッドがあります。
スプレッドというのは、買値と売値の差ですが、これがあるために、約定直後は必ずマイナスになるのは仕方がないことなのです。
もう一つ、トレンドに途中から乗っていることにも原因があると思いました。
どういうことかというと、値がいきなり上がっていったとします。
ここで買ったら利益を得られるかもしれないけど、また買った直後に下がったら嫌なのでしばらく様子を見ています。
それでも、ずっと値が上昇し続けているので、買いを入れるわけですが、その時点で上昇トレンドは終わっているというわけです。
つまり、上がりきったところを買ってしまうので、しばらくして下がってしまうというわけです。
では、どうしたら、トレンドの最初の方から発注出来るのかと考えてみたところ、やはり、チャートを見ながら発注するのが一番いい方法だと思いました。
チャートを見ていると、流れというのがなんとなく見えてきます。
ずっと上がっていく最初のきっかけになりそうなところも、見ているとある程度わかります。
それで、上昇トレンドのきっかけになりそうなチャートの動きがあったら、買いを入れるようにしてみました。
すると、買った直後にすぐ下がっていくということは少なくなり、思い通り上げていって、利益を取れるということが多くなってきたのです。
それと、情報を収集し始めました。
為替というのは、人の言動などでも上下するものです。
なので、要人が為替市場についてこんなことを言ったという風な情報をメールで送ってくれるサービスに登録してみたのです。
すると、為替市場に影響がありそうな発言があった時は、ほぼ必ず反応があることがわかりました。
なので、メールを受信したり、ニュースを見ていて、これは値が上がりそうだとか下がりそうだという要人の発言が出たら、すぐに注文を入れるようにしました。
すると、やはり、予想通りの方向に値が動くことが多く、利益を取れるようになりました。
そういう意味で、発注直後にすぐ逆の方向に値が動くような気がするというのは、気のせいというよりも、経験不足からの高値づかみなどであると考えられました。
また、発注直後に一時的に逆に値が動いたとしても、重要な指標を見た後など、発注した理由がはっきりしている場合は、結局、思っていた通りの方向に動く場合が多いです。
上がる相場なのに、いったん下げていくというのは、利益確定の売りが出ているという可能性もあります。
チャートを見ていると、上げ相場であっても、必ず、値が落ち込んでいるところというのがあります。
以上のことから、現在は、チャートと情報をしっかりと見てから発注を行うようにしています。
値を見ていたら上げているから買うとか、下げているから売るという発注の仕方はやめました。

Copyright 2010 こずかい.com All Rights Reserved.